ヘッドライン
厳選サイト様

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

B! | スポンサー広告 | CM(-) | --/--/-- --:--

意味が分かると怖いコピペ 2011年 秋の部

2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 18:18:11.72 ID:FT5L1Jfo0

先日、俺が妹の部屋で大便していたら、旧・日本兵の格好をした見知らぬ男が入ってきた。
最初は泥棒かと驚いたんだけど、無言のまま血走った眼でこちらを睨みつけてくる。
ちょっと薄気味悪くなって、「貴方は誰ですか、何をしているんですか?」って尋ねたら、
「バカヤロー!」って叫んでそのまま霞みたいに消えてしまった。

その後、帰宅した妹に事情を話したんだけど、泣き叫ぶばかりで話にならなかった。
両親も怒鳴ったり喚いたりするばかりで、その男の話は何も出来なかった。

もしかすると家族は俺の知らない秘密を抱えているんだろうか?
いま思い出しても背筋が凍る思いだ。




 







4
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 18:20:10.22 ID:i2QuHi6r0

>>2が全く解らん




7以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 18:21:59.13 ID:76rMV+GAO

>>4
一行目を100回くらい読んどけ




10 忍法帖【Lv=7,xxxP】 :2011/09/24(土) 18:22:34.72 ID:zh0Rk2nS0

>>4
妹の部屋で大便




116以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 20:39:09.60 ID:mJDFARMR0

>>2
旧日本兵ってどういう意味なの?




118以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 20:39:58.25 ID:WQqE3aYj0

>>116
先祖ってことじゃないか?




5以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 18:20:47.64 ID:8Qp1WRjf0

6年ほど前の話。
昔の友達から家に招待された。
彼は清潔好きで、服を汚したらすぐ買い換えるほどだった。家は裕福だから服はいくらでも買えた。
二枚目でもあったし、もてていた。しかし、自分お名前を嫌っていて、「俺のことを名無しと呼んでくれ」といつもいっていた。
そんな友達から何かと思っていってみたが、インターホンを押しても反応がなかった。誰もいないのかと窓の中を一つ一つ探したけれど人がいる気配がなかった。
3時ぐらいになって帰ろうとすると、庭に人影が見えた。彼が立っていた。
彼の所に行くと、なにやら茶色い汚い板を持っていた。
「なんだよ、それ」
「これかい?これは蜂ボードさ」
はっとおもった。たくさんが水分を取られて板状にされて固まっている。
それをコントローラーで操作している。無理矢理やらされた。全然面白くない。むしろ気持ち悪い。昔は虫・植物をとことん愛していた彼なのに、何でこんなに変わってしまったのか…。
「ちょっと休憩してくる」
そういって俺はこっそり家に帰った。
しかし、今思えばあのなかに機械が入ってそうではなかった。なら何故コントローラーで動いたのか。しかも、なぜ昆虫だったのか。
もうその友達の家に行っていない。連絡もしていない



















12
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 18:28:38.73 ID:MhFfqWWVO

>>5ところどころ日本語が欠けててよくわからなかった。
名無しが故人だってとこまでしか把握できないがこれでオッケー?




13以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 18:31:27.02 ID:JZRvRRuW0

>>12
ナポリタン




15以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 18:33:40.68 ID:FT5L1Jfo0

「おい、まだかよ?」
俺は、女房の背中に向かって言った。どうして女という奴は支度に時間が掛かるのだろう。
「もうすぐ済むわ。そんなに急ぐことないでしょ。…ほら翔ちゃん、バタバタしないの!」
確かに女房の言うとおりだが、せっかちは俺の性分だから仕方がない。
今年もあとわずか。世間は慌しさに包まれていた。
俺は背広のポケットからタバコを取り出し、火をつけた。

「いきなりでお義父さんとお義母さんビックリしないかしら?」
「なあに、孫の顔を見た途端ニコニコ顔になるさ」
俺は傍らで横になっている息子を眺めて言った。
「お待たせ。いいわよ。…あら?」
「ん、どうした?」
「あなた、ここ、ここ」女房が俺の首元を指差すので、触ってみた。
「あっ、忘れてた」
「あなたったら、せっかちな上にそそっかしいんだから。こっち向いて」

「あなた…愛してるわ」女房は俺の首周りを整えながら、独り言のように言った。
「何だよ、いきなり」
「いいじゃない、夫婦なんだから」
女房は下を向いたままだったが、照れているようだ。
「そうか…、俺も愛してるよ」こんなにはっきり言ったのは何年ぶりだろう。
少し気恥ずかしかったが、気分は悪くない。俺は、女房の手を握った。
「じゃ、行くか」「ええ」



俺は、足下の台を蹴った。































16
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 18:35:16.38 ID:HyCcv4kV0

>>15
…???




18以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 18:37:49.83 ID:JNilF8pX0

>>16
自殺したんだろ




19以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 18:38:07.97 ID:xxQlPs6l0

>>16
首つり一家心中




17以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 18:36:10.15 ID:FT5L1Jfo0

ある日僕は学校の美術室の掃除当番だった
早く終わらせて帰ろうと思い急いでいたら
一枚の絵が大事そうに飾られているのを見つけた
その絵はとても綺麗な女の人の肖像画だったが
少し不気味で目に特徴があった
とても大きな瞳でこっちをみている気がした
なんだか怖くなり急いで掃除を終わらせ帰った

次の日学校は大騒ぎになっていた
例の美術室の絵が盗まれたのだ
最後に絵を見たということで僕は美術の先生にいろいろ聞かれた
「なるほど掃除をしてた時にはちゃんとあったんだね」
「間違いないです、あの絵は高価なものなんですか?」
「あれは『眠りに落ちた美女』といって私の知人の画家が自分の娘
の寝顔を見て描いたものなんだ、特に価値はない
最も画家も娘ももうこの世にいないけどね」
「そうなんですか・・・」

あの絵は結局見つからなかった、
不思議なことに、泥棒の入った形跡はなかったという



































29
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 18:52:26.88 ID:Di87n/W70

>>17とはなんだろ




34以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 19:00:03.37 ID:JNilF8pX0

>>29
は、なんで眠ってる絵なのに目が開いてるの?ってこと




22以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 18:39:06.84 ID:FT5L1Jfo0

ある日、平穏な家庭に赤ちゃんが一人産まれました。
その赤ちゃんは驚いたことに、産まれたばかりですぐに言葉を発したのです。
第一声は、 「おじいちゃん」でした。
おじいちゃんはひどく喜び、涙を流したそうです。
ところが次の日、おじいちゃんは死んでしまいました。
赤ちゃんはまた、言葉を発しました。
「おかあさん」と。
そして次の日には、おかあさんが息を引き取りました。
おとうさんは震え上がりました。
どうすればいいんだろう・・悩みに悩みました。
一時は子供を殺す事まで考えましたが、さすがにそれは出来ませんでした。
そして、ついに赤ちゃんは言いました。
「おとうさん」と。
お父さんは半狂乱になりました。
次の日、隣のおじさんが死にました。














26
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 18:42:10.46 ID:4WGRvA9IO

>>22
ブラックユーモアだね




27以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 18:45:07.00 ID:G95LKn1+0

>>26
これ見たら思うんだけど
おとおさんが違うならおじいちゃんも違うくない?
まぁ、母方なら普通だけど




154以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 21:10:21.73 ID:di7whG7o0

>>22ってさあ、隣のおじさんの父っておじいちゃんなのかなぁ
それともおじいちゃんの子供が母なのかなぁ
前者だったらもう一つ修羅場がありそうでいっそう怖いよね




24以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 18:39:26.53 ID:xxQlPs6l0

ある産婦人科で赤ん坊が生まれた。
その夜看護婦が赤ん坊の様子を見てみると、なんと赤ん坊は死んでいた
病院は事実を隠蔽するため、すぐに身寄りのない赤ん坊を身代わりに用意した
出産のとき母親は意識がなく、自分が産んだ赤ん坊をまだ見てはいない
そして見た目が瓜二つな赤ん坊を選んだため、見破られることはないはずだった
次の日、母親は赤ん坊と対面するなり鬼の様な形相で叫んだ
「こいつは私の赤ちゃんじゃない!!」














29
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 18:52:26.88 ID:Di87n/W70

>>24はなんだろ




32 忍法帖【Lv=35,xxxPT】 【東北電 82.4 %】 :2011/09/24(土) 18:57:16.52 ID:ijSK/ZkW0

>>24は母親が赤ちゃん殺した




25以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 18:41:08.18 ID:xxQlPs6l0

少女のところにお星さまが降り立ちました。
「なんでも一つ願いをかなえてあげよう」
お星さまはいいました。
少女は泣いていました。
「家族を消してちょうだい!あんな家族、まっぴらよ!」
次の日、少女が目を覚まして一階へおりると、いつものようにおかあさんと
おとうさんとおにいちゃんがいました。
少女は後悔しました。
その夜、再びお星さまは少女の目の前にあらわれました。
「気に入ってもらえたかな」
少女はいいました。
「昨日のおねがいをとりけしてちょうだい」
お星さまはいいました。
「一度かなえたおねがいはとりけせないよ」
少女は泣きました。














63
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 19:37:42.78 ID:NwD3Z0Cl0

>>25
全く解らん




64以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 19:40:03.96 ID:r8cCJEaRO

>>63
少女は養子か誘拐された子で、どこかに居たであろう本当の家族が死んだんじゃなかったけ?




33以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 18:57:36.86 ID:FT5L1Jfo0

俺の誕生日に、ホームパーティを開いたわけ。
その時、家の中で皆の写真をとってみたら、変なものが映っちゃったのよ。
背後の押入れから見知らぬ真っ白い顔して真っ赤な目の女が顔を出して、こっち睨みつけてんの。

これやべーじゃんってことで、霊能者に写真を鑑定してもらった。
そしたら、「この写真からは霊気を感じない。心霊写真でも何でもないよ。」だとさ。

あ~あ、ビックリさせやがって全く。




38以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 19:07:21.15 ID:/HXwOCns0

249 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2008/11/10(月) 12:34:23 ID:9fTkiJOd
フリーターしてて毎日バイトと家の往復だった時に近所の公園で遊んでる子供とユニットを組もうと閃いた。
その頃はモー娘全盛期で俺と幼稚園くらいの女の子二人で「大好キッス☆」というユニットを考え歌詞とかメロディも考えて
公園にいる女の子に子供向けのカードを渡して「これ一緒に歌って踊ろうよ~」て声かけてた。
砂場で遊んでる他の子供の前に躍り出て気分はゲリラライブ。
「はじめまして~大好キッス☆で~す!!」て言っていきなり踊り出すんだけど、他の二人は恥ずかしがって離れて行き一緒に歌ってくれない。
頭の中では「大好キッス☆初のゲリラライブで解散宣言!いきなりのソロ活動!明日のスポーツ新聞の見出しはこうだな!」とか想像してニヤニヤしてた。
何度かソロ活動をしたものの子供の反応は悪く「やっぱり時代はユニットだな。シャッフルユニットやるか!」とか言って
男の子も遊戯王カードで勧誘し「大好キッス☆」「ときめキッス☆」「きらめキッス☆」と3つのグループを作り曲まで作成。
3組合わせた時のグループ名は「LOVE☆LOVE」
男の子はそういうふざけたのが好きなのか隣で変なダンスとかしてくれて
「うわ~ときめキッス☆ときらめキッス☆のメンバーが入り交じって新しいユニットが生まれた~!!!すげ~!!!」とか脳内で盛り上がってた。
でも子供は家に帰ると「今日公園で~した」とか報告するらしくいつしか親に監視されて公園で遊ぶの禁止になって子供が来なくなった。
警察に職務質問されるし、近所の爺さんにはキチガイ呼ばわりされるし「あぁもう引退かな」て思ってたら
ある日母親に「しばらく栃木の婆ちゃん家に二人で行こうか」と言われ本格的に引退を迫られた。
今でも未発表曲と未発表ユニットの案を書き留めたノートが机の中に眠っている。




39以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 19:07:24.94 ID:FT5L1Jfo0

出張で泊まるホテルは同僚が出るぞーって散々脅していたところだ。
ビビりな俺はガクブルでその夜ベッドに入った。

案の定深夜にドアをノックする音がする。
ホテルの人かな? と思い声をかけたが返事がない。
もうドアを見るのも怖くて
ひたすらノックの音がする中夜が明けた。
ノックが止んだ後俺はすぐチェックアウトした。

出張から帰って同僚にノックの話をすると
「やっぱり出たか」とこんな話をしてくれた。
そのホテルは以前火事になり逃げ遅れた人がいたという。
その人は運悪く部屋の中に閉じこめられて、そのままなくなったそうだ。

ああよかった、ドアを開けていたら
今頃どうなっていたことか。




40以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 19:08:58.38 ID:FT5L1Jfo0

ある地方で大きな地震があった
避難所の小学校で寝ることにしたが人があふれ騒がしくてとにかく暑い
涼みに外にに出ると明かりのついてない建物を見つけた
そこはとても涼しく、静かなので多くの人が横になっていた
これはしめたとそこで寝ることにしたがしばらくして異変に気付いた。静かすぎる

私は建物を飛び出した




42以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 19:12:49.94 ID:FT5L1Jfo0

最近一人暮らしするようになって、
部屋のインテリアとして、パズルを飾ることにしたんだよ。
光を浴びて、暗くなると光るってやつで、その光が儚くていいんよね。

この前も夜帰ってきたら、そのパズルが淡く光っててさ、
なんか出迎えてくれているようで癒されたんだよ。

またパズルやりたくなってきたし、
今度は同じサイズで2000ピースのやつ買ってみるかな。
















46
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 19:20:57.18 ID:jVSL++OjO

ごめん、>>42がわからない




158以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 21:14:45.16 ID:zE8cqTsu0

>>42の謎ときって、これじゃないの?



471 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/24(金) 22:31:07.18 ID:Ukqpxy3H0
>>1の謎とき


光っていたというのがポイント。諸外国では、下記のような事例がある。

>1987年にブラジルの廃病院に放置されていたセシウム137を「光る粉」として
>体に塗ったり飲んだりした住民250名が被曝、4人が死亡した。
>また1962年メキシコで、前の居住者が遺棄したコバルト60に子供が接触、
>父親以外の一家全員が死亡するという事故も起きた。

したがって、このパズルは放射性物質でできており、
話者は濃厚な放射線に被曝していることが推測される。





49以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 19:22:13.09 ID:NRlJujtU0

10回クイズ
高校の頃に「ピザって10回言って」っての、流行ったなぁ
ヒジを指差して「ここは?」って聞くと「ヒザ」って答えちゃうんだよね

英語の先生に「先生、ピザって10回言って」って言ったら
「ピッツァ、ピッツァ、ピッツァ、ピッツァ・・・」って英語訛りで返された
不安を覚えつつも一応ヒジを指差して「じゃ、ここは?」って聞いたら
「エルボゥ!」って答えやがった
野坂先生、元気でいらっしゃるんだろうか




53以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 19:29:08.08 ID:FT5L1Jfo0

ベトナム戦争から家に帰る前夜、青年兵士は自宅に電話した。
「明日帰るんだけど、他に行くところがない友達を連れて帰りたいんだ。
 家で一緒に住んでもいいかな?」
息子の帰還報告に狂喜した両親は、勿論!と泣きながら答えた。

「でも、一つだけ言っておきたいことがあるんだ。
 彼は地雷を踏んでね、腕と足を失ってしまったんだよ。
 でも、僕は彼を家に連れて帰りたいんだ。」
その台詞に、両親は押し黙ってしまった。

「数日ならいいけれど、障害者の世話は大変よ。
 家にいる間に、そのお友達が住める所を一緒に探しましょう。
 あなたにも私たちにも自分達の人生があるのだから、
 そのお友達の世話に一生縛られるなんて無理よ。」
やっとのことで母親がそれだけ言うと、息子は黙って電話を切った。

翌日、警察から電話があり、青年兵士の両親は
彼がビルの屋上から飛び降りて死んだことを知らされた。

死体と対面した両親は絶句し、泣き崩れた。














164
忍法帖【Lv=41,xxxPT】 :2011/09/24(土) 21:22:19.19 ID:vIEMI6o90

>>53がまだ分からないんだけど




167以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 21:23:47.74 ID:2L4X4b5L0

>>164
「友人」は存在せず
青年兵士自身が手足を失っていたってこと




56以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 19:30:07.01 ID:FT5L1Jfo0

妹「お兄ちゃんって落ち込んだ時どうする?」
俺「んー、別に何も。寝るかな」
妹「ふーん・・」
俺「どうした?何かあったか?」
俺「ううん、ちょっとね」
俺「何だよ水くさいな、言ってみろよ」
俺「う、うんとさ・・・」
俺「おう」
俺「お兄ちゃん、この間一緒に歩いてた人、彼女?」
俺「・・・は?」
俺「前学校の近くで話してたじゃん」
俺「ああ・・・あいつか。なわけないだろ、ただのクラスメートだよ」
俺「ほんと?」
俺「嘘言ってどうすんだよ」
俺「そっか」
俺「てかそんな話はいいんだよ。落ち込んでたんじゃなかったのか?」
俺「ううん、それならいいんだ!えへへ」
俺「おかしな奴だな」
俺「ふふ♪お兄ちゃんに彼女なんてできるわけないよね、よく考えたら。」
俺「こらこら、失礼だぞ」




59以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 19:32:20.44 ID:vnHw2cw70

>>56
変則版だね
クスっときたw




57以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 19:30:23.82 ID:MXeYQJ4B0

レスアンカーだけ書いて何か言ったつもりになっている奴っているよな。

とにかく俺の言う事が気に入らないもんだから
何とかして俺のレスを無効化してやりたいのだが、
かといってどこにツッコミ所があるのか具体的に指摘出来ないし
俺と正対して論破出来る知識も自信も無い、
何より自分の無知を曝け出す結果となって
かえって自分が周囲の嘲笑の的となってしまうのが怖い。

そこで、とりあえず無言でレスアンカーだけを付けておく事で
「こいつイタイなw晒し上げw」と必死に周囲に印象付けようとする。
具体的指摘を伴わない無言レスアンカーなら
自分の勘違いだったところで自分はちっとも傷付かずに済むからな。

肝心のどう“イタイ”のかについては周囲にお任せ。
きっと読んだ人それぞれが頭の中で勝手に考えてくれるさ!!

俺には、無言レスアンカーからは
「ママ、こいつをやっつけてよ!」という悲痛な叫びが聞こえてくるね。




61以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 19:36:43.02 ID:6f7RkQAC0

ムゥ~おやつが食べたいな~
あっ、シュークリームだ
おいしそう 食べよう
モグモグモグモグ おいしいな モグモグモグモグ
もう一個ある これも食べちゃえ
モグモグモグモグ モグモグモグモグ
あ~おいしかった

ねえムーくん、ここにあったシュークリーム知らない?
知らないよ
変だなぁ 後でムーくんと一緒に食べようと思ったのに
おかしいな どうしたんだろう?
あんなおいしいシュークリーム どうしたんだろうね?
あんなおいしいシュークリーム?
それじゃまるでムーくん
あのシュークリームを食べたことがあるような言い方じゃないか?
ワッ しまった
さてはムーくん シュークリーム食べたでしょう?
知らないよ
ほら 白状しないと コチョコチョコチョコチョ
ムヒヒヒヒ 食べた 食べた
ほら やっぱりムーくんが犯人じゃないか
もう おしりペンペン
ムッヒーミンミンミン ムッヒーミンミンミン
ようし ムー汁にして食べちゃおうかな
ムッヒーミンミンミン ゴメンナサイ ムッヒーミンミンミン




72以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 19:47:07.98 ID:BlHGBZna0

俺、実家暮らしなんだけどさ。さっき彼女に「今夜会える?」ってメールしようとして
間違って家にいるカーチャンに送っちまったわけwww
そしたら返信が「ごめん。○○(俺の名前)さん。今夜は会えないの」だってwww
「ちょ、お袋なにふざけてんの(笑)」って送ったらすぐに返信がきて「今どこ?」
「家だよ」ってメールしたらなぜか電話かけてきやがんのwww
出てもすぐ切るし、かと思うとまた鳴るし、テラいやがらせwww
もしやカーチャン浮気してたのかwww














73
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 19:49:09.85 ID:sFj/40920

>>72
わからん




76以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 19:54:11.02 ID:cNsLCa5t0

>>73
メールは強盗からである。恐らく母親は殺されてしまっている。

 最初息子からのメールだと気付かず返信してしまったため、気付かれる前に殺そうと場所を聞いた。

 その後、着信音から家のどこにいるか探そうとしている。つまり強盗と自分は同じ家にいる。

だってよ こえー




78以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 19:56:29.93 ID:wEOBu1Oe0

ある産婦人科で赤ん坊が生まれた。
その夜看護婦が赤ん坊の様子を見てみると、なんと赤ん坊は死んでいた。
病院は事実を隠蔽するため、すぐに身寄りのない赤ん坊を身代わりに用意した。
出産のとき母親は意識がなく、自分が産んだ赤ん坊をまだ見てはいない。
そして、見た目が瓜二つな赤ん坊を選んだため、見破られることはないはずだった。

次の日、母親は赤ん坊と対面するなり、鬼の様な形相で叫んだ。
「こいつは私の赤ちゃんじゃない!!」




88以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 20:02:25.72 ID:BlHGBZna0

最近、近所で連続殺人事件が起きている。
被害者は全て同じ小学校の子供。
その犯行はとても残虐で、死体は見るに耐えないカタチになっているという。

事件現場に供えられた沢山の花。しかし、その中にクローバーが大量に供えてある。
他の現場でも、必ずクローバーが大量に供えられている。
どうやら、あるお婆さんが供えているらしい。
歳は80といったところだろうか。とても温厚そうなお婆さん。
涙は見せず、優しい笑顔で花を供え、手を合せて帰っていく。
お孫さんなのだろうか。知り合いの子供さんなのだろうか。

私も花を供えにと思い現場へ向かうと、ちょうどそのお婆さんと会った。
お婆さんはいつものようにクローバーを供えている。
「何故クローバーを供えているんですか?」
「クローバーって、四葉とかあったりして幸せな花じゃない?
 向こうでも幸せにしてほしいって意味を込めてるのよ」
そう答えるお婆さんは、とても優しい目をしていたが、時折切ない表情も垣間見えた。
「実はね、私の孫も亡くなってしまったのよ。別の事件なんだけど、学校の事故で。
 詳しい事はまだわかっていないらしいんだけどね。
 この殺人事件で亡くなった子達、孫ととても仲良くしてくれてたらしいのよ。
 だからこうして、全員にクローバーを供えているの」

涙しながらそう話すと、お婆さんはその場を去っていった。
こんな優しいお婆さんもいるんだな、という思いにふけりながら帰宅した。

















95
忍法帖【Lv=3,xxxP】 :2011/09/24(土) 20:10:19.31 ID:9DiBiu6f0

>>88
弟切草とかぶってるのな




97以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 20:11:37.02 ID:9DiBiu6f0

>>88
しっかし、小学生相手とは言え、地味に高性能婆ちゃんだよなぁ




99以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 20:13:52.10 ID:D1bdqb96O

>>97
郭海皇みたいな老婆なんだろうな




104以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 20:33:25.27 ID:pscQaark0

>>88
クローバーの花言葉なんだっけ?




107以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 20:34:26.34 ID:WQqE3aYj0

>>104
復讐









102以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 20:25:08.60 ID:ibLolCqO0

まさか、自分にあんな映画のヒーローのような体験のチャンスが巡ってくるとは、
その時は夢 にも思わなかった。
夜の繁華街の裏路地で、俺はたまたまその事件現場に遭遇してしまったのだ。
「やめてください、お願いですから……」哀願する少女を取り囲むように
「いいじゃねぇかぁ、少しくらいつきあってくれてもよう!」と、3人のチンピラ。

「……やめないか、悪党。」思わず、口をついで出てしまった挑発の文句。もう後には引けない。
逆上する3人のチンピラ。ナイフを手にしたやつもいる。
ならば……と、俺は左手で、懐からPSPを取り出す。
「PSPキック!」俺はすかさず、正面のナイフを持ったチンピラの
鳩尾に蹴りを叩き込む。悶絶し、倒れるチンピラ。
「PSP裏拳!」返す右拳を、唖然とするモヒカン頭の顔面に叩き込む。鼻の骨が砕け、昏倒する。
「PSPエルボー!」もう一人のチンピラの頭蓋骨を砕く。
「PSPチョップ!」残るひとりの頚動脈を断ち切る。
一撃必殺。
一瞬にして、俺を取り囲むように倒れ悶絶する血ダルマが4つできあがった。
「次からは、相手を見て喧嘩を売ることだな……。」
返り血で真っ赤に染まったPSPを拭き取りながらそっと、俺に勝利をくれたPSPにつぶやいた。

「持っててよかった、PSP。




103以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 20:28:41.33 ID:Dewdxcqq0

オカ板から



母の実家

おペニだよ
そんな本を見つけた

倉庫っていうかずっと使われてないらしい離れで見つけたのね
カビくさいから燃やしたった

その灰の中には
骨のようなものが紛れ込んでいた

(・・・あぁ、あの時の)
(いや違うな、あのときの・・・)
そう僕は記憶障害だったんだ
(・・・いや、やっぱり記憶障害じゃないかもしれない。うん、やっぱり違う)

やっと思い出した・・・
母の実家で起きた事を

そこでなんやかんやあったけど今日調子よくないんでお昼の分のおペニ飲んで寝ます

その記述を最後に彼の日記は止まっていた


ちゃんちゃん




110以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 20:36:52.11 ID:BlHGBZna0

精神病棟にいる母親から、息子に届いた手紙らしい。

  ↓

大介、イタリアの生活はどうですか。お母さんはフツウ。
守護神ジス様のおかげで、元気です。お医者をだまして何でも食べちゃう。
隣人達めケッコウ気さくでいい人ばかり。安心しれ。明日は仕事で、皆
船が来るて、喜んどる。毎日楽しいです。給料でるし飯も固くない。
ね、ね!!病棟生活だからって悪いことないわ、わりと私にはいい老後です。じゃね。




111コピペ大尉 ◆KOPIPELG.I :2011/09/24(土) 20:36:59.49 ID:jYyFtbbn0

これは私の弟が経験した話しですが、電話で聞いたっきり弟とは会っていません
警察にもいったんですが取り合ってくれないんです
まぁ、仕方ないんですけどね…だってあんな事があったんだもん
弟との最後の会話は今でも夢に出てくるんです。
それはちょうど去年の今頃の話でした
私は実家で弟は田舎の親戚の家へ出掛けていたのですが
私が実家を燃やしてしまったのです。
家族はみんな死にました

もちろん弟も

弟は二人…いや双子だったんですよ
まぁ全部 私の妄想なんですけどね
私は家族を恨んでいました。手首も切りました。でも私だけ生き残った。
絶望の中にいると、死んだはずの弟から電話がありました
『お姉ちゃんに、言わなければいけなかった事があるんだ。』
『冷蔵庫のプリン食べたでしょ』
「食べたぜよ」

話は変わりますが最近錦鯉を飼い始めました
「お姉ちゃんが食べたのは鯉用にすり潰した金魚を入れてたんだ」
『あれは、おこいさんへのお供え物だったんだよ。食べちゃいけなかったんだ。』
来たらすぐいる?
体に鱗が出てきた。いずれ私も恨んでいた家族のもとへ行くだろう。死にたくない




113以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 20:38:01.99 ID:5KnG9v9MO

俺とA君B君C君の4人は、いつも一緒で、
あの日も俺の車に乗って、皆で出かけたんだ。
A「もう動いても平気なのか?」
B「うん、ただの捻挫だから、外出して良いって。」
俺「車はグチャグチャの全損だったけどなwww」
C「後で聞いたんだけど、猫だったらしい。」
B「で、即死だったって・・・。」
俺「ぬこ好きの俺としたら、車よりもそっちのほうが悲しいよ。」
A「そっか・・・今度お供え物を持って、もう一度あそこへ行かないか?」
俺「いや、でも車はもうオシャカだし・・・電車で行くのか?」
C「そうだな、もう車は懲りたし、今度はバイクで行くか。」
俺「いや、お前らと違って俺バイク持ってねーしww」
B「そういえば皆の中で、俺君だけバイク持て無かったね。」
A「ああ、それでいつも俺君に車出してもらってたんだったな。」
C「それが、こんなことになるなんて・・・。」
俺「おいおい、そんな暗くなるなよ、ちょうど買換えたかった所だしさw」
B「そうだよ、僕がバイクで2ケツすれば・・・。」
俺「それイイな!たまにはそういうのも悪くない。それで行こう!」
C「そろそろ行くか、始まりそうだ。」
B「僕、初めてなんだけど、ちゃんと出来るかな。」
A「他の人の真似をすればいい。」
俺「ちょw初めてって!やっぱりAの後ろに乗せてくれwww」
















120
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 20:43:55.43 ID:pscQaark0

>>113
これ初見だけどどういう意味?




122以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 20:45:21.93 ID:WQqE3aYj0

>>120
俺を抜いて読んでみろ




114コピペ大尉 ◆KOPIPELG.I :2011/09/24(土) 20:38:02.67 ID:jYyFtbbn0

オランダといえば、うちの田舎にこんな伝承がある。でどでんこめんさん。
昔、江戸時代にうちの田舎に「でどでんこめんさん」って言う鬼?が現れたらしい。
大きくて肌が赤くて異様な服を着てたらしい。で、「で どでん こめん、で どでん
こめん」って繰り返すもんだからそう呼ばれたらしい。
でどでんこめんさんは鬼なのに怖がりで、いつも震えていたから庄屋さんが蔵に
かくまってあげたらしいけど、結局、海から仲間が来て怖がるでどでんこめんさんを
つれて帰ったらしい。って言う話なんだが、これって鎖国時代に出島から逃げ出した
オランダ人の話かな?
















129
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 20:57:02.09 ID:JNilF8pX0

>>114
これわかんなかったんだが




131以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 20:57:20.54 ID:0Ddl3izS0

>>129
多分オランダ語なんだろうね




138以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 21:00:35.48 ID:fpsgK1zd0

>>131
日本語で「死者は、死者は」




143以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 21:03:11.69 ID:ibLolCqO0

>>131
オランダ語で
de doden komen
意味はググれ




148以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 21:06:54.88 ID:JNilF8pX0

>>143
なるほど…怖いな
あっちの世界に連れてかれたってことか




115コピペ大尉 ◆KOPIPELG.I :2011/09/24(土) 20:39:04.47 ID:jYyFtbbn0

これは友達が体験した話なんだけど、
その友達は、またほかの友達と一緒に遊びに行って、夜中に終電逃してこれからどうしようって二人で途方にくれてたんだって。

そうしたら高校のときの先輩がたまたま通りかかって、このあたりで一人暮らししてるから今日とまるか?って聞いてきたんだって。
その当時、近辺で殺人事件とかあって、夜中にうろつくのもなんか怖いし、二人は先輩についていくことにして、マンションまで行ったんだって。

しばらくして、部屋の中に案内されてちょこっとはなしていたら、
その友達の友達が急に「なんかお菓子食べたいからコンビニ行きません?」って言い出して、
「別にいらねえよ~」って友達と先輩はなってたんだけど、
無理やりにでも三人でコンビニまでいったんだって

それで、コンビニに行く途中に大きな道に出たとたん、その友達が、
「タクシー拾って帰ります。とめてもらうのはやっぱ悪いです」って言い始めて、
先輩がせっかくだからって引き止めるのも聞かずに二人でタクシーで帰ったらしい。

タクシーで帰る途中に、友達が、なんで急に帰ろうとかコンビニとか言い出したの?ってきいたら

なんとベッドの下に
包丁を持った持った男が潜んでいたんだって!




117コピペ大尉 ◆KOPIPELG.I :2011/09/24(土) 20:39:55.00 ID:jYyFtbbn0

深夜、テレビの放送が終わると砂嵐と呼ばれるザーッという放送になる。

これは実話なんだが、あるとき地方テレビ局の中の人が夜勤のとき、砂嵐の時間帯に、暇だからということで見て楽しもうと思ったアダルトビデオをうっかり公共の電波に流してしまったことがあった。

もちろんすぐに数十件の抗議電話が殺到した。




123以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 20:47:34.78 ID:vzOjlJB80

この前、友達がウェイターやってるレストランに、一人で晩飯食いに行ったんだ。
ウェイトレスに案内されてテーブル席に着くと、俺の前と、向かいの席にメニューを置いて行った。
何だ?と思っているうちに友達が水と紙おしぼりを持って来た。
そして「おい、珍しいな」なんてニヤつきながら、向かいの席にも水とおしぼりを置きやがる。
いい加減薄気味悪く感じながらも注文すると、
「で、お連れさんは何にする?」と聞くものだから、いや、一人だよと反論。
すると友達は怪訝な顔で「あれ、店に来た時、女連れじゃなかったか?」などと小声で言う。
曰く、「髪の長い、白いワンピースの女を連れて入ってくるのを見た」と。
「今はいないのでトイレにでも行ってるんだろうけど、てっきり彼女なんだろうと思った」、と。
もちろん俺に心当たりはないから否定したら、逆に向こうが気味悪いものを見るような目でこちらを見る始末。
とうとう何だか寒気がしてきた。
…と、不意に友達は吹き出すと、「いや、わりーわりー」と謝り始めた。
「今日は客も少なくて暇してるところにお前が来たもんだから。
 ほら、よくあんじゃん?誰もいないはずの席にコップを置く店員、て怪談。
 あれをやって、お前ビビらせて遊ぼうかと、水持って行く時に急に思いついてさ」
そして「本当スマン。こんな事して遊んでたのバレると店長にどやされるから、黙っといてくれよ」と、
食後のコーヒーをサービスしてくれた。
ちょっとムカついたが、真相がわかったので責めもしなかった。
ま、コーヒーが美味かったので許すが、心臓に悪いから次からは勘弁してくれ。
















125
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 20:50:19.11 ID:WQqE3aYj0

>>123
本当は幽霊居たけど怖がらせない為居ないことにした、ってことで良い?




126以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 20:51:09.65 ID:pscQaark0

>>125
ウェイトレスは見えている




135以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 20:59:12.51 ID:yl0wAAPCO

深夜、テレビの放送が終わると砂嵐と呼ばれるザーッという放送になる。

これは実話なんだが、あるとき地方テレビ局の中の人が夜勤のとき、砂嵐の時間帯に、暇だからということで見て楽しもうと思ったディ○ニーアニメをうっかり公共の電波に流してしまったことがあった。

もちろんすぐにディ○ニーの担当から問い合わせがきた。




137以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 21:00:28.85 ID:0Ddl3izS0

俺この間、終電逃したから仕方なくファミレス行って本読んでたんだ。そしたら貧乏ゆすりが目に入ったんだよね。

最初は気にしないで本読んでたんだけど、そういうのって一回目意識すると気になるじゃん。そんで見てみたら、結構かわいいけど暗い感じの女が彼氏(多分)と二人で座ってた。

それが彼氏は笑顔で語りかけてんのに、彼女の反応がすごい薄いの。
彼氏が喋ったことに対して(聞こえないけど)「うん」とか「はい」くらいの反応しかしてない。

そのうち彼氏はつまんなそうにタバコ吸いだして、女は灰皿じっと見て貧乏ゆすりしてんの。お前そんなに嫌なら帰れよっていうか別れろよwww

とか思いながら見てたら、貧乏ゆすりにリズムがあることに気づいた。
タタタ。タンタンタン。タタタ。タタタ。タンタンタン。タタタ。

うわ~リズム刻んじゃってるよ。
完全に心ここにあらずだよ。
そんなにつまんねえのかその彼氏は。

その女ずっと貧乏ゆすりしてたんだけど彼氏全く気づいてないの。
気づけよwwそんな鈍感だから嫌われるんだよwちゃんと揺れ動く乙女心を察してやれよww

そしたら彼氏がタバコ吸い終わって立ち上がって、女の手引っ張って帰っていった。
別れ話でもしてんのかなーって思ってたんだけどさ、一緒に帰るんだねー。

不思議だねー。あんなにつまんなそうなのに。レジで会計してる時一瞬女ににらまれたから、俺は軽く会釈しておいた。

で、結局俺は始発まで一人でファミレスに居たんだけどさ、内心嫌われてたとしても、やっぱり彼女居る奴のが俺より100倍マシだし勝ちだよな。

こんな見知らぬカップルを凝視してる奴はキモいよなって考えて軽く鬱。

















141
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 21:02:48.38 ID:yl0wAAPCO

>>137
モールス信号か




147以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 21:06:42.18 ID:dEaZeUZH0

こういうの好きだけど正直もう出尽くしたよな




150以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 21:08:27.18 ID:0Ddl3izS0

※※※※※※※※※※※※※※※

その日も私はいつも通り仕事場から帰ってきてました。
いつも通りの駅の人ごみ。いつも通りの商店街の賑わい。

でも、商店街を抜けて住宅街に入った時、街灯が寂しくなり始めた時、気付いたんです。誰かが、つけてきていると。

ひったくり?通り魔?それとも・・・。あっ、と思って私は怖くなって駆け出していました。

すると後ろからもダダダダダダという足音が聞こえてきて。私怖くて怖くて必死で走ったんだけど、とうとう左手を掴まれてしまって。

グッと後ろに引っ張られ、瞬間、彼の顔を見てしまいました。彼の顔、無表情で瞳の色が沈んでました。

ああ、もう駄目だと。怖い怖い怖い怖い・・・。

気を失いそうになった時、彼はこう言ったんです。『明日から僕のお茶は誰がいれてくれるんだろうね?』って・・・。

※※※※※※※※※※※※※※※
・・・という話について誰か知ってる人いる?なんていうか、くだらないよね。意味不明で全然怖くない話だから俺アタマきちゃって。

暗い集合住宅地でなんで男の瞳の色まで特定できたんだよw、とか、体験談ぽい話だけどコレ体験した女は死んでいるのに誰がこの話書いたんだよwとかさ。

数日前にどっかの板(オカ板じゃなかった)でこれ発見してそこの住人に聞いても

「コピペだ。スルーしろ」とか言われるし。

お願いします。教えてください。
~の板で見た、とか簡単な情報でいいので。















152
忍法帖【Lv=87,xxxPT】:2011/09/24(土) 21:09:41.84 ID:PtYOc9QN0

>>150
分からん




199以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 21:52:21.04 ID:ibLolCqO0

>>150
これを訪ねている奴はなんで女だって知ってると思う?




200以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 21:53:20.05 ID:WQqE3aYj0

>>199
まずどこにも死んだってないしな…




157以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 21:12:36.82 ID:8Qp1WRjf0

この前の話なんだけどさ、夜に俺倉庫の見張りするバイトしてんだけど
夜中にうつらうつらといすに座ってたら急に人影が見えて
びっくりしてライト照らしたら向こうもびっくりしたらしく「トウェアッ!」
みたいなのを叫んで“ソイツ”はギクシャクしながら四つんばい
(四足歩行だな)で逃げてった。
俺も誰かが入ってきたとばれたら怒られると思って少しどきどき
したけど、まあ退治したっちゃあしたし、いいかこの事件はと思って
持ち主に言わなかった。

けどある日昼に言ってる大学に遅刻して朝コーヒーだけ飲んで
ダッシュで大学に行ってたら何かとすれ違った。
言うならば、せんとくんみたいな、かさこ地蔵(だっけ?)みたいな、
前見た“ソイツ”が何か悟ったような不気味な顔して歩いてた。
「あ…ああ…あ…あ、ああこ、いつ…おま…いつかみ…のろ…ろす…」
って何か言い始めた。
俺ぁおったまげてウウコ漏らして(汚くてゴメンよ、けどマジ)
ダッシュで家に帰って処理した。大学に休む連絡入れた。
すっげぇ怖かった。

“ソイツ”は「…あ、ああこ、いつ…おま…いつかみ…」
みたいなの言っててまだどういう意味か分からんが、でもこんなのはもう
マジ勘弁だからバイトはやめて別のバイトやってる。お前らも気をつけろよ!




159以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 21:14:52.06 ID:FvOz+Nzy0

大学の友達から聞いた話だ
「あれは小学生の夏だったかな
こんにゃくでオナニーしようと冷蔵庫を開けて中のこんにゃくを手に取ったんだよ
そしたらこんにゃくが真っ青な顔で「ひぃっ!!!」って言ったんだ
こんにゃくの視線は俺の背後に向いていたから、ゾクッとして後ろを振り向いた
でも、そこには誰もいなかったんだ
こんにゃくに「何をみたんだ?」と聞いても答えようとしない
オナニーする気分じゃなくなった俺は、こんにゃくを冷蔵庫に戻してその日は寝たんだ
次の日、朝立ちの処理をしようと冷蔵庫を開いたらこんにゃくが無くなっていた
同棲してた彼女に「おい、お前こんにゃく食べたか?」と聞いても「知らない」の一点張り
あれから3年たったけど、今でも不思議でたまらない
いったい、あれは何だったのだろう」




189以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 21:39:40.44 ID:NVrhZKMi0

A「もうすぐ結婚して1年になるのか」
B「ああ、俺にはもったいないいい嫁だよ、お前のおかげだ」
A「俺は少し手伝っただけだよ、お前が頑張ったからさ」
B「お前は結婚しないのか?不細工の俺が出来たんだ、男前のお前ならすぐ出来るだろう」
A「まだいいよ俺は。それより子供はどうだ?可愛くてしょうがないんじゃないか」
B「もちろん!最近パパって言えるようになったんだ!昨日もおもちゃを買ってあげたよ」
A「溺愛だな。まあ、あんなに可愛いんじゃしょうがないか。よくわかるよ」
B「周りからはお父さんには似てないねって言われるよ、嬉しいやら悲しいやらさ。」
A「女の子だから良かったんじゃないか?」
B「うん、将来は絶対とびっきりの美人になるぜ!これも全部お前のおかげだ」
A「だから俺は少し手伝っただけさ」















191
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 21:40:28.65 ID:WQqE3aYj0

>>189
お父さんはA?




195以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 21:45:05.54 ID:S3yio8XD0

>>191
いや犯罪的ロリコン何だろ…




197以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 21:51:04.10 ID:ldOGJ5IO0

「パワポケ、げんきでいますか?
母のお仕事を手つだったりしていると、
やけに時間がたつのが早く思えます。
くるしいこともあるけど、
たいせつな思い出をかてに、なんとか
すごしています。
ケガや病気に気をつけて、野球せんしゅ
になれるよう、がんばってください。
きっと、いつの日か、またあなたと
であえる日をしんじて。」




202以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 21:56:11.31 ID:ZgrbTTYX0

孤児院で働いていた俺はある事件に出くわした
ロサンゼルス郊外で爆弾魔が現れたらしい
知っているのはその位だった
二時ごろの犯行というのもさっき知ったばかりでそれ以外本当に知らなかった

行くことになった旅行の先は犯行現場だった
9時頃に出発だ




208コピペ大尉 ◆KOPIPELG.I :2011/09/24(土) 22:06:57.54 ID:jYyFtbbn0

夜寝ていたら、雷の音に目が覚める。
なかなか寝付けず輾転反側してると、雷の轟音とともに突然障子戸向うに直径1メートル位の丸いオレンジ色の発光物が浮かび上がって消えた。

良く分からないけど雷に関係しているんだろうと結論付けて寝た。
朝起きて窓を空けようと障子戸、窓を開けて雨戸を開きかけているときに固まった。




213以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/24(土) 22:12:18.60 ID:ZgrbTTYX0

供を連れてやって来た王は高そうな椅子に座っている
立ち上がった王は人を殺すのを目の前で見たいと言った
いくら何でもそれは駄目と家来は言う
泣きじゃくっている生贄は内心死にたいと思っていた
意地っ張りな王は家来を全員殺してしまった




2161/3:2011/09/24(土) 22:20:14.96 ID:8BgUeZyr0

・12/15
さて、何を書くものか。
誰かに見せるわけでもないが、何となく最初は自己紹介。
両親を墜落事故で亡くした俺は去年から妹と二人暮らし…だったのだが、
その妹は今年の春から留学中。
帰ってくるのは3月だ。
というわけで今年の冬は一人で生活。
暇だから日記でも書いてみる。
ちなみにこれは妹が去年のクリスマスにくれたノート。
ツリーの絵が描いてある。
ん…意外と書くこと無いな。
今日はもう寝ることにする。
妹、おやすみ。

・12/16
ペンは持ってみたものの書くことが無い。
妹との思い出を書こうとしても、なかなか手が動かない。
本当に俺って妹がいないと何もできないんだな。
妹に会いたい。

・12/17
今日は友達に合コンに誘われた。
なんでもクリスマスに合コンをやるらしい。
妹に言ったら怒るだろうか?

・12/18
ふと俺を叱る妹の顔が頭に浮かんだ。
「もう、お兄ちゃんったら!しっかりしてよね!」
ってまた言って欲しい。
絶対に言ってくれないけど。




2172/3:2011/09/24(土) 22:20:55.40 ID:8BgUeZyr0

・12/19
妹から電話が来た。
合コンのことを話したら
「別に…いいんじゃない?勝手にすれば?
」って言われた。
気にしてるのかな。
かわいいやつだ。
もちろんおれは行かないぜ。
妹に会いたい。

・12/20
妹に去年のクリスマスにあげたプレゼント。
今は俺が大事に使ってます。
そういえば今年は妹にプレゼント買わないからお金が結構あまってるな。
はぁ…
妹に会いたい。

・12/21
妹に会いたい。
正月には帰って来ないらしいから会うのは3ヶ月以上先か。
お金たまったしアメリカ行きてぇなぁ~。

・12/22
妹に会いたい。
妹に会いたい。
妹に会いたい。
妹に会いたい。
妹に会いたい。




2183/3:2011/09/24(土) 22:21:36.01 ID:8BgUeZyr0

・12/23
妹から電話が来た!!!
送り主不明の人からクリスマスプレゼントが届いたって驚いてた(笑)
サプライズとかお兄ちゃんさすが。

・12/24
決めた!おにいちゃん妹のところに行きます!
俺、妹がいないと無理だ。
ということでこれが最後の日記です。それでは!

・12/25
メリークリスマス!妹から電話が来た。
クリスマスパーティをやったんだそうだ。
そして妹は急遽、日本に帰宅するらしい。
あやうく俺がアメリカに行くところだった。
妹はお年玉がそんなに欲しいのか?(笑)
それとも俺に会いたくなったか?
かわいいやつだ。お年玉たくさん用意して待ってるからな。


・12/27
…信じられないことがおきた。
日本に向かう飛行機が墜落したそうだ。
死体が握り締めていた俺からのプレゼントの財布の中身で身元が判明したらしい。
二日おきに書いてきた日記も今日で最後にする。
ページはまだ残っているから悲しみから立ち直ることができたら、
来年の12月に妹との想い出でもつづろうと思います。




関連記事

B! | その他 | CM(0) | 2011/09/25 01:00
人気記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
雑記
Twitterボタン


このブログについて

気に入った記事があったらはてブしてもらえるとうれしいです

掲載内容に不備・不満がありましたら、 コメント欄にお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
最新の記事
おすすめ記事


はてな
リンク
ツリー形式で表示しています。
クリックするとリンクが開きます。
いろいろ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。